症例写真

頬の黒子をCO2レーザーで分解除去した男性の症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、頬にある黒子を取りたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、左の頬に直径約5mmのほぼ扁平な黒子がありました。
不整な形状、染みだし、急速な拡大傾向もないため、悪性である可能性はほぼなく、美容的な治療の適応であると考えました。
黒子の除去には、メスで切開して切除し縫合する手術と、CO2レーザーで分解除去する方法の2種類があります。
この部位のこの程度の大きさの黒子の場合は、手術で切除するよりも、CO2レーザーで除去するほうが綺麗になるため、CO2レーザーで除去することになりました。
6ヶ月後には、元々あった黒子とほぼ同じくらいの面積の小さくくぼんだクレーター状の瘢痕が残りましたが、ほとんどわからない程度になり、患者様には大変満足していただきました。
もし、この黒子を手術で切除したら、短い傷で済ませようとすると、ドッグイヤーができてしまい、かえって目立つ傷跡になってしまいます。
ドッグイヤーができないようにするには、傷を伸ばさないといけないため、長い傷跡になってしまい、目立ってしまいます。
それを考えると、CO2レーザーで除去するのが、最も目立たない傷跡になり、抜糸に来院する必要もなく、料金も手術より安いので、患者様の満足度も高いです。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
治療前
治療前です。
頬の黒子をCO2レーザーで分解除去することになりました。
治療直後
CO2レーザー照射直後です。
黒子のあった部位が窪んでいます。
翌日
翌日です。
まだジュクジュクしています。
1週間後
1週間後です。
ジュクジュクはなくなり、乾いた状態になっています。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだ赤みがあります。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
だいぶ赤みは引きましたが、まだ少し赤いです。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ赤みは引きました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大