症例写真

乳腺下に300ccのシリコンプロテーゼを入れて豊胸手術した40代女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After
高須幹弥医師からのコメント

40代女性の患者様で、豊胸手術希望で来院されました。

診察させていただいたところ、身長が170㎝くらいあり、骨格的にも日本人にしてはかなりガッチリした体型の方でした。

患者様がおっしゃるには、元々大きめのバストだったけど、妊娠、出産、授乳によって、張りがなくなり、萎んで小さくなってしまったとのことでした。

また、しっかりと大きくして巨乳にしたいというご要望でした。

体格が大きかったこともあり、300ccのコヒーシブシリコンジェルバッグプロテーゼを入れることになりました。

皮膚、皮下脂肪、乳腺のボリュームもそこそこあったため、大胸筋下ではなく、乳腺下に入れました。

術後は、Cカップ弱だった胸がFカップ強のかなり大きめの胸になりました。

元々大柄の体型で、皮膚、皮下脂肪の厚みがあったため、300ccのプロテーゼを入れても自然な動き、触り心地になり、患者様には大変満足していただきました。

一般的に、小柄な女性は小さめなプロテーゼを入れ、大柄な女性には大きめのプロテーゼを入れることが多いです。

小柄な女性は小さめなプロテーゼでも結構大きくなった感じになることがありますが、大柄な女性に同じサイズのプロテーゼを入れてもあまり大きくなった感じにならないことがあるからです。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大