症例写真

出産、授乳後の大柄な30代女性に260ccのシリコンプロテーゼを乳腺下に入れて豊胸した症例写真

ビフォー・アフター
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、豊胸希望で来院されました。

診察させていただいたところ、身長は170cm近くあり、しっかりした体型でした。

バストは妊娠、出産、授乳を繰り返したためか、張りがない状態であり、Aカップくらいの膨らみでした。

患者様がおっしゃるには、「元々Dカップくらいあったけど、妊娠中にはEカップくらいになり、授乳が終わったらAカップになってしまいました。だから、最低でもDカップにはしたいし、できればEカップくらいほしい。」とのことでした。

この患者様の体型では、脂肪吸引で取る皮下脂肪が少なく、バストにも大量の脂肪を注入するキャパシティがないため、脂肪注入で3カップ大きくすることは物理的に不可能です(できても1カップアップくらいです)。

マンマリーヒアル(ヒアルロン酸豊胸)で3カップ大きくするには300万円以上費用がかかり、現実的ではありません。

そのため、コヒーシブシリコンジェルバッグのテクスチャードサーフェイスモデラートタイプ260ccで豊胸手術をすることになりました。

皮膚や皮下脂肪の厚みがそこそこあったため、大胸筋下法ではなく、乳腺下法で行いました。

手術後は3カップ強大きくなって、DカップとEカップの中間くらいの大きさになりました。

動きや触り心地も自然で、寄せるとしっかり谷間ができるようになり、患者様には大変満足していただきました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大