症例写真

胸の上のほうの張りを出すために、大胸筋下にシリコンプロテーゼ豊胸手術した症例写真 150CCずつ

ビフォー・アフター
Before After
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、バストの悩みで来院されました。

診察させていただいたところ、妊娠、出産、授乳のためか、バストが萎んで下垂している状態でした。

バストの張りがなく、全体的に下がっているため、乳首の位置も下がっており、特にバストの上のほうがボリュームがなくなっていました。

患者様のご希望は、「特別巨乳にしたいわけではなく、自然な範囲内でバストを大きくして、特に上のほうの張りがない部分にボリュームがほしい」ということでした。

そのため、大胸筋下に150ccのコヒーシブシリコンジェルバッグを入れる豊胸手術をすることになりました。

バストの上のほうを膨らませてボリュームを出すために、やや頭側(上のほう)気味にプロテーゼを入れました。

術後は張りがなかったバストの上の部分のボリュームが出て、自然な範囲内で大きくなり、患者様には大変満足していただきました。

豊胸手術は、通常、シリコンバッグプロテーゼを乳輪を中心に入れます。

しかし、この患者様のように、バストの上のほうのボリュームがほしいというご希望の場合は、乳輪の位置よりもやや上を中心にシリコンバッグプロテーゼを入れることがあります。

その場合、乳輪の位置よりもやや上にバストのボリュームのピークがくるため、乳首がやや下向きのバストになります。

妊娠、出産、授乳によってバストが萎んで垂れてしまった人は、その時点で乳首の位置自体が下がっていることが多いので、より乳首が下向きになることがあります。

この患者様も、術後はやや乳首が下向きになりましたが、バストの上のほうのボリュームは綺麗に出たため、自然で綺麗な形のバストになりました。

また、バストの上のほうのボリュームを出すためには、乳腺下ほうよりも、この患者様のように大胸筋下法のほうが向いていることがあります。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大