症例写真

出産、授乳後の萎んでしまったバストに180ccずつ脂肪注入して張りと膨らみを作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、妊娠、出産、授乳を繰り返したことにより萎んで小さくなってしまったバストを大きくしたいというご要望で来院されました。

診察させていただいたところ、バストの皮下脂肪と乳腺は萎縮しており、ほぼ平らに近い胸をしていました。

また、授乳を繰り返したことにより、乳頭が伸びていました。

患者様は、できればヒアルロン酸注射やシリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術ではなく、脂肪注入でやりたいとお考えでした。

上半身は痩せ気味でしたが、お尻~太もも全体にはそこそこ皮下脂肪が付いていたので、お尻から太もも全体にかけて脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。

同時に乳頭縮小手術をして、全体にバランスの良いバストにすることもできることをお話ししましたが、患者様は、まずは脂肪注入だけして様子をみたいということでした。

余分な水分やトリグリセライドなどの不純物を濾過し、濃縮された状態の脂肪を180ccずつ左右のバストに細かく満遍なく全体的に注入しました。

60%近くの脂肪が生着し、手術後6ヶ月の時点では、適度に膨らみのある自然で綺麗なバストになりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大