症例写真

首の後ろの赤色の大きな入れ墨を剥削手術で除去した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(5年8ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、入れ墨を除去したいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、首の後ろに手拳大の入れ墨が入れられていました。
入れ墨の色は非常に濃い赤色で、かなり深い層まで入れられていました。
非常に濃い色の筋彫りだったので、最新式のレーザーを照射して、多少は色を薄くすることはできると予想されましたが、筋彫りはくっきりと残ることが予想されたので、外科的な手術で除去することになりました。
入れ墨は脊椎の真後ろにあり、場所的に皮膚のゆとりがほとんどなく、分割したとしても切除縫縮手術で完全に除去することはできないので、剥削手術で1回で除去することになりました。
入れ墨の色素は真皮の中間層くらいまで入っており、その層まで皮膚を削り、入れ墨を完全に除去しました。
術後は瘢痕は残りましたが、入れ墨は確実になくなりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
治療前
治療前です。
剥削手術で除去することになりました。
剥削手術直後
剥削手術直後です。
真皮の中間くらいまで皮膚を削りました。
入れ墨は完全に除去されました。
1週間後
1週間後です。
まだ生傷の状態です。
ワセリン軟骨ガーゼで毎日ガーゼ交換します。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ上皮化してきました。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
赤く盛り上がってきました。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
まだまだ赤みと盛り上がりがあります。
1年後
1年後です。
赤みは引きましたが、色素沈着とわずかな盛り上がりがあります。
2年6ヶ月後
2年6ヶ月後です。
まだ色素沈着があります。
5年8ヶ月後
5年8ヶ月後です。
まだ色素沈着がありますが、年月と共に更に目立たなくなっていきます。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大