症例写真

入れ墨を2回に分けて切除縫縮した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(2回目 手術後6ヶ月)
高須幹弥医師からのコメント

胸の上部の刺青(タトゥー)除去目的で来院されました。
色が濃いため、レーザー治療で完全に除去するのは不可能であり、外科的治療の適応になります。
剥削手術で1回で削りとってしまうか、2回に分けて切除縫縮するかの2種類の方法がありますが、この方はより傷が目立たない切除縫縮を選択されました。
1回目の手術と2回目の手術の間隔は最低3ヶ月空ける必要がありますが、長ければ長いほど周りの皮膚が伸びて、手術がしやすくなるし、最終的に傷が綺麗になります。
この方は6ヶ月待ってくださいました。
2回目の手術後6ヶ月の時点で、傷はまだ赤いですが、年月をかけて白くなり、更に目立たなくなっていきます。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
やや大きめの入れ墨が入っています。
2回に分けて切除縫縮することになりました。
1回目手術直後
1回目手術直後です。
7割くらい切除することができました。
1回目 手術後6ヶ月
1回目手術後6ヶ月です。
2回目の手術をすることになりました。
2回目 手術直後
2回目手術直後です。
完全に切除することができました。
2回目 手術後6ヶ月
2回目手術後6ヶ月です。
傷はまだ赤いですが、年月と共に白くなり、更に目立たなくなっていきます。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大