症例写真

自分で入れた墨汁の入れ墨をレーザーで消した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

子供のときに前腕に根性焼きをして、その上に自分で墨汁で入れ墨を入れたのをきれいにしたくて来院されました。
墨汁の入れ墨はレーザーが良く効くことが多いので、レーザーで治療することになりました。
レーザー治療後3ヶ月の状態を見ると、入れ墨がかなり薄くなったのがわかると思います。
繰返しレーザーを照射すれば、更に色を薄くすることができます。
墨汁の入れ墨はレーザー治療が適応になることが多いですが、入れ墨の色の濃さや色素が入っている深さによっては、うっすらと色が残ってしまうこともあるので、昔の恋人の名前が彫ってある場合など完全に文字を読めなくする必要がある場合は、切除縫縮や剥削などの外科的治療をすることもあります。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
施術前
治療前です。
前腕に自分で墨汁で入れた入れ墨と根性焼きが混在しています。
レーザーで入れ墨を除去することになりました。
施術直後
レーザー照射直後です。
麻酔の注射をしてからレーザーを照射したので、麻酔の影響で一時的に皮膚が白くなっています。
レーザーを照射した部位は赤くなっていますが、赤みは必ず引きます。
3ヶ月後
レーザー照射後3ヶ月です。
赤みはほぼ引き、入れ墨もかなり薄くなりました。
墨汁の入れ墨は1回のレーザー治療でもかなり薄くなることが多いです。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大