症例写真

背中の大きな入れ墨(刺青)を剥ぐ削手術で1回で除去した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(2年後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、背中に入れた大きな入れ墨(刺青)を消したいというご要望で来院されました。
診察させていただくと、プロの彫り師が入れた入れ墨で、黒色や赤色など色々な色の濃い色素が真皮の深い層までしっかりと入っているようでした。
このようなタイプの入れ墨は、レーザー治療は奏功しないため、外科的手術で除去しなければなりません。
また、面積が広いため切除縫縮手術することもできないので、剥削手術で皮膚を削って除去することになりました。
術後2年の段階では、まだ一部傷跡の赤みや盛り上がりがありますが、入れ墨は完全に除去されており、患者様には満足していただいております。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
背中の大きな入れ墨を剥削手術で1回で除去することになりました。
手術直後
手術直後です。
生傷の状態になっています。
毎日軟膏ガーゼで処置していただくことになります。
1週間後
1週間後です。
まだまだジュクジュクしています。
軟膏ガーゼ処置を続けていただきます。
3週間後
3週間後です。
だいぶ皮膚がはってきましたが、まだ少しジュクジュクしているので、もう少し軟膏ガーゼ処置を続けていただきます。
だいたい術後1~2ヶ月くらいで皮膚がはることが多いです。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
傷跡が赤く盛り上がっています。
赤みと盛り上がりは時間と共に引いていきます。
2年後
2年後です。
だいぶ赤みと盛り上がりは引きました。
時間の経過と共にもっと綺麗になっていきます。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大