症例写真

耳介軟骨移植で丸い鼻先を斜め下方向に綺麗に出した20代女性の症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)

左側の耳の穴から耳介軟骨を採取した傷跡の経過

Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、丸い鼻先を気にされて来院されました。
診察させていただいたところ、鼻先の皮膚はそれほど厚くないのですが、鼻先の軟骨が小さく、それほど発達していませんでした。
そのため、鼻先が丸く、潰れたような形をしており、やや上に上がっていました。
丸い鼻先を細くし、出したいというご要望でしたので、鼻先に耳介軟骨移植をすることになりました。
手術は、側の耳の穴の中から耳介軟骨を採取し、細かく砕いた後、右の鼻の穴の中から鼻先に移植し、鼻先が斜め下方向に出るようにました。
術後は、鼻先が3mm程度斜め下方向に出て、上品で自然な鼻先になりました。
今回は安全な範囲内、自然な範囲内で鼻先を出しました。
この患者様の鼻に、これ以上無理して耳介軟骨移植で鼻先を出したり、鼻中隔延長術で鼻先を出すと、だんだん鼻先皮膚が薄くなり、軟骨の輪郭が浮き出てくる可能性が高いです。
この患者様に関しては、無理な手術はしていないので、将来、鼻先の皮膚が薄くなって、軟骨の輪郭が浮き出たり、不自然になることはまずありません。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大