症例写真

リストカットの傷跡を切除縫縮手術して怪我の傷跡のようにした症例写真

ビフォー・アフター
Before After(2年後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、前腕のリストカットの傷跡を気にされて来院されました。
診察させていただくと、前腕に広い面積に渡って横、縦、斜めなど色々な方向の直線の傷跡がありました。
リストカットの傷跡の治療は、切除縫縮して1本の傷跡にするか、CO2レーザーでアブレージョンして面で火傷の跡にするかどちらかをすることが多いです。
一般的に切除縫縮して1本の傷跡にするほうが傷跡が目立たなくなるのですが、この方のリストカットの傷跡は面積が広いため、完全に1本の傷跡にすることはできません。
そのため、できる限りのリストカットの傷跡を切除して縫合することになりました。
術後は1本の傷跡の両サイドに少しリストカットの傷跡が残る傷跡になりましたが、術前の傷跡があからさまにリストカットの傷跡だと分かる傷跡だったのに比べ、術後の傷跡は怪我してできた傷跡のようになったため、後ろめたさがなくなり、患者様にはご満足いただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
傷の範囲が広いため、傷を切除して完全に1本の傷跡にすることはできないので、できる限り切除縫縮することになりました。
手術直後
手術直後です。
細い糸で縫合してあります。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
傷跡の赤みや盛り上がりがあります。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
まだ傷跡の赤みや盛り上がりがあります。
2年後
2年後です。
傷跡の赤みや盛り上がりはほとんどなくなり、白く落ち着いた傷になりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大