症例写真

目の下の脂肪の膨らみを取らず、ヒアルロン酸注射でクマを改善させた症例写真

ビフォー・アフター
Before After(ヒアルロン酸注射後1週間)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目の下のクマを気にされていました。
診察させていただいたところ、目の下の脂肪が膨らんでおり、クマが目立っていました。
また、脂肪の膨らみの下は窪んで陰になっており、余計にクマが強調されていました。
このようなクマには、通常、下まぶたの裏側の粘膜から余分な脂肪を除去し(経結膜脂肪切除)、1ヶ月くらいおいてから、下まぶたの窪みにヒアルロン酸を注入するのが最も効果的です。
余分に膨らんでいるところは膨らみを取って平らにし、窪んでいるところはボリュームを入れて平らにするのが、最も全体的に平らに近づくからです。
私が患者に、まずは脂肪の膨らみを取り、1ヶ月程度おいてからヒアルロン酸を注射することをお勧めしたところ、「まずはヒアルロン酸注射だけでやってみたい」とおっしゃったので、ヒアルロン酸注射をすることになりました。
目の下専用の軟らかくて綺麗に馴染むタイプの長期持続型ヒアルロン酸を1本(1cc)を0.5ccずつ目の下の窪んでいる部位に注入しました。
注入後は、目の下の脂肪の膨らみは多少見えるものの、窪みが埋まって目立たなくなったことにより、脂肪の膨らみも目立たなくなり、全体的に目の下のくまが改善し、患者様には大変満足していただきました。
この場合、後日、目の下の脂肪を除去し、更にクマを改善させることも可能です(ヒアルロン酸注射後1週間も経てば可能であることが多いです)。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大