症例写真

二重まぶた埋没法2針固定でたるんでいる皮膚を持ち上げて目を大きくした30代女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
 
  After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代後半の女性患者様で、目のご相談で来院されました。
上まぶたの外側の皮膚が被さって、三角形の目になっているのを気にされていました。
診察させていただいたところ、奥二重のラインが非常に狭い位置にあるのですが、たるんだ皮膚が覆い被さり、二重のラインは完全に見えなくなっている状態でした。
患者様は、「あまり印象が変わり過ぎないように、まぶたのたるみを改善して、ぱっとした明るくて若々しい印象になりたい」
というご要望でした。
となると、まぶたの皮膚が余っているので、上眼瞼リフトで、眉毛の下の分厚い部分で上まぶたの皮膚の被さりを取り、二重まぶた全切開法で狭い二重を作るのが最善だと考えられます。
しかし、患者様は、「まずは切らない治療でやりたい」というご要望でしたので、まずは二重まぶた埋没法をすることになりました。
まぶたの被さりが多いので、綺麗に目頭側から目尻側までたるみが上がるように、2針固定で行いました。
術後は、全体的にまぶたの皮膚の被さりが上がって、目が大きくなり、目尻側だけわずかに二重の幅が見える、ほぼ奥二重になりました。
三角形の老けた印象の目が、丸い形の若々しい目になり、患者様には大変満足していただきました。
この患者様のように切らないでまぶたのたるみを改善したい場合、二重まぶた埋没法2針固定が有効になることもあります。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
二重まぶた埋没法2針固定をすることになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後です。
直後は局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
針穴が窪んでいますが、平らになるので心配ありません。
5日後
目を開けた状態
5日後です。
大きな腫れは引いていますが、まだ少し腫れています。

目を閉じた状態
5日後の目を閉じた状態です。
3週間後
目を開けた状態
3週間後です。
まだわずかな腫れはあります。

目を閉じた状態
3週間後の目を閉じた状態です。
3ヶ月後
目を開けた状態
3ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

目を閉じた状態
3ヶ月後の目を閉じた状態です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大