症例写真

目頭切開で蒙古襞の突っ張りをとり、目を内側に広げた30代女性の腫れが引いていく症例写真

ビフォー・アフター
Before After(8ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、目頭切開を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、適度に蒙古襞が張っており、それにより涙丘(目頭側のピンク色の粘膜が盛り上がっている部分)が隠れ、目の横幅が小さくなっていました。
蒙古襞があることにより、目と目の間隔がやや広めでした。
また、狭い二重のラインがあるのですが、蒙古襞が張っているため、目頭側では狭い二重のラインが蒙古襞の中に入り込み、末広型の二重になっていました。
患者様は、特別平行型の二重は望んでいなかったため、目頭切開Z法で約2mmずつ目を内側に広げることになりました。
術後は適度に蒙古襞が残った状態で、自然な範囲内で目が大きくなりました。
この患者様の場合、もっと大きなZで目頭を行い、もっと目を内側に広げると、目頭切開を行うだけで平行型二重を作ることができます。
しかし、その場合、黒目の位置は変わらないため、外斜視が強調された異様な目になってしまうため、この患者様はこのデザインがベストだと思います。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
蒙古襞が張っており、それによって目の横幅が若干小さめです。
目と目の間隔もやや広めです。
目頭切開をして蒙古襞の突っ張りを解除し、目を内側に広げることになりました。
手術直後
手術直後です。
Z法で約2mmずつ広げました。
手術直後は局所麻酔注射の影響もあり、腫れていて、突っ張った感じにもなっています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
抜糸した翌日からアイメイクしても大丈夫です。
3週間後
3週間後です。
傷跡はだいぶ目立たなくなっています。
8ヶ月後
8ヶ月後です。
傷跡の赤みや腫れはほぼ引き、完成です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大