症例写真

目頭切開Z法で、目頭が斜め下方向に尖るように広げた症例写真

ビフォー・アフター
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代の女性患者様で、目頭が下向きに尖っているのを斜め下方向に尖らせたいのと、目と目の間隔がやや広いので、目を内側に大きくしたいという御要望でした。
目頭切開Z法で、蒙古襞をフラップにし、内側に移動させるようにはめ込み、目頭を斜め下方向に尖らせるようにしました。
その結果、目頭が内側に約2mmずつ広がり、目の横幅が大きくなりました。
元々平行型二重だったので、術後も平行型のままです。
最近の若い女性は、目頭切開で目頭を斜め下方向に尖らせるように大きくしたいと希望される方が多いです。
何故なら、最近の若い女性に人気のあるモデルやタレントは、ほとんどの人が目頭が斜め下方向に尖った感じの大きな目をしているからです。
そのような目頭を希望される方は、パンチで穴を開けたような丸く広がった目頭や、真横に大きく広がってキツい印象の目頭を嫌う傾向があります。
Z法で丁寧に手術すれば、そのような目頭にはならないので御安心ください。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
やや蒙古襞が突っ張っていたため、目頭が下向きに尖っており、目と目の間隔がやや広めでした。
目頭切開Z法で、目頭を斜め下方向に尖らせるように広げることになりました。
手術直後
手術直後です。
青い透明な糸で縫合しています。
1週間後
1週間後の抜糸直後です。
傷に赤みがありますが、赤みは必ず引きます。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
ほぼ赤みは引いています。
目頭が斜め下方向に尖るように大きくなりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大