症例写真

目頭切開+二重まぶた全切開法で、幅が広すぎなく適度な狭さの平行型二重を作った症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(目を開けた状態)
 
  After(目を閉じた状態)
 
  After(メイクあり)
(6ヶ月後
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、目の上のほうが少し窪んでいる状態でした。
また、蒙古襞が発達しており、目と目の間隔がやや広く、離れていました。
患者様は、「幅の狭い平行型二重で、目頭側から目尻側まで同じ幅になるように、綺麗で、可愛らしくて、丸い感じのぱっちり目にしてほしい」というご要望でした。
この状態の目に対して、患者様の希望する二重を作る場合は非常に難しいです。
平行型二重を作ろうとすると、発達している蒙古襞を乗り越えないといけないため、二重の中央~外側の幅が広くなってしまいます。
そのため、突っ張っている蒙古襞を、目頭切開Z法で少し解除し、残存する蒙古襞を乗り越えるように、幅の広すぎない二重を全切開法で作るようにしました。
この方は、元々目が窪んでいるため、眼窩内脂肪やROOF(眼輪筋下脂肪組織)は切除しませんでした。
また、皮膚の切除も必要ないため、行いませんでした。
術後は、術前に患者様が希望した、目頭側から目尻側までほぼ同じ幅の、幅が広すぎない平行型二重になりました。
また、蒙古襞の突っ張りが解除されて平行型二重になったため、つり目っぽくてキツい印象が和らぎました。
目頭切開で約1.5mmずつ目が内側に大きく広がったため、離れていた目と目の間隔が程よく近づき、バランスの良い目になったため、患者様には大変喜んでいただきました。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目頭切開と二重まぶた全切開法をすることになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後(目を開けた状態)です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後(目を閉じた状態)です。
1週間後
目を開けた状態
1週間後(目を開けた状態)です。
抜糸をしました。
抜糸翌日からアイメイクすることができます。

目を閉じた状態
1週間後(目を閉じた状態)です。
1ヶ月後
目を開けた状態
1ヶ月後(目を開けた状態)です。
大きな腫れは引きましたが、まだわずかに腫れています。

目を閉じた状態
1ヶ月後(目を閉じた状態)です。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後(目を開けた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

目を閉じた状態
6ヶ月後(目を閉じた状態)です。

メイクあり
6ヶ月後(メイクあり)です。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大