症例写真

大きい耳たぶを傷痕を目立たせず小さく修正手術した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、両側の耳たぶが大きいのがコンプレックスで来院されました。
診察させていただいたところ、左右の耳たぶの面積が非常に大きく、下にぶら下がっていました。
大きい耳たぶを小さくする耳たぶ縮小手術をすることになりました。
手術は局所麻酔下に余分な耳たぶを楔状に切除し、溶ける吸収糸で中縫いした後、青色透明のナイロン糸で皮膚の表面を縫合しました。
1週間後に皮膚を縫合した糸を抜糸し、4ヶ月後には傷痕はほとんど目立たなくなりました。
耳たぶを小さくする耳たぶ縮小手術は色々な方法がありますが、この術式デザインだと、傷痕が耳の付け根の位置にくるため、傷痕がほとんど目立ちません。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
耳たぶ縮小手術をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
耳たぶの付け根に傷があり、細い糸で細かく縫合してあります。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
傷痕はやや赤みがありますが、それほど目立ちません。
4ヶ月後
4ヶ月後です。
傷痕の赤みはひきました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大