症例写真

ミニ切開法で幅が広すぎない二重まぶたを作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたであり、皮膚が覆い被さっていることにより、黒目の見える面積が少なくなっていました。
また、それによってまぶたの開きが悪い分、普段から無意識に眉毛を上げて目を大きく開けようとしているため、目と眉の距離が広い状態になっていました。
患者様は平行型二重をミニ切開法で作ることを希望されていたため、重瞼棒で二重のシミュレーションをして、蒙古襞を乗り越えて平行型にしてみると、目頭側から目尻側にかけてほぼ同じ幅で少し幅の見える二重のラインになりました。
患者様に鏡で確認していただいたところ、そのラインを希望されたので、そのラインでミニ切開法をすることになりました。
作成する二重のラインに沿って約2cm皮膚を切開して、わずかに眼窩内脂肪を切除し、二重のラインを作りました。
ミニ切開法なので、皮膚の切除はせず、ROOFも切除しませんでした。
術後は綺麗な平行型二重になりました。
まぶたの皮膚が上に持ち上がって、黒目も大きく見えるようになりました。
また、目が開きやすくなった分、無意識に眉毛を上げることもなくなったため、目と眉の距離が近づいて、凛とした印象になり、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
ほぼ完全な一重まぶたです。
ミニ切開法で幅が広すぎない平行型二重を作ることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響もあり腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだまだ腫れているので、予定の二重の幅より広いです。
3週間後
3週間後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだまだ腫れています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大