症例写真

目頭切開で丸い目頭を斜め下方向に尖るようにし、同時に二重まぶたミニ切開法を行った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(目を開けた状態)
 
  After(目を閉じた状態)
(4ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、蒙古襞が発達しており、目頭の形が丸く、目と目の間隔が広いのが悩みでした。
また、過去に埋没法で二重を作っていましたが、糸が緩んで二重のラインがはっきりしなくなっていました。
手術は目頭切開と二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
目頭切開はZ法で行い、目頭が斜め下方向に自然に尖るようにしました。
Z法で行えば、目頭を自然に尖らせることができ、不自然に目頭が丸くなったり、パンチで穴を開けたようにはなりません。
また、Z法は他の術式に比べ、傷痕が目立ちません。
二重まぶたミニ切開法は、目を閉じた状態で約7mmの位置で切開して、二重を作りました。
術後は自然な末広型の二重になり、目頭が約2mmずつ内側に広がったため、目と目の間隔のバランスが丁度良くなりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。

手術直後の目を閉じた状態です。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。

1週間後の目を閉じた状態です。
傷の赤みがありますが、時間の経過と共に必ず引いていきます。
4ヶ月後
目を開けた状態
4ヶ月後です。

目を閉じた状態
4ヶ月後の目を閉じた状態です。
だいぶ傷の赤みは引きました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大