症例写真

男性患者様で、ミニ切開法で幅の狭い平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代の男性患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
幅の狭い平行型二重を希望されており、重瞼棒でシミュレーションしたところ、目を閉じた状態で約8.5mmの位置で二重を作ると平行型になることがわかりました。
この位置で二重を作る場合、埋没法では元に戻りやすいため、ミニ切開法をすることになりました。
眼窩内脂肪やROOFの切除はせず、皮膚切除もしませんでした。
術後は、目を開けた状態で約2mm二重の幅が見える平行型二重になりました。
この方は、蒙古襞がそれほど発達していないため、目頭切開をしなくても、約8.5mmの位置で二重を作るだけで、必然的に平行型二重になりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
手術直後
目を開けた状態
手術直後です。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
1週間後の抜糸直後
目を開けた状態
1週間後の抜糸直後です。

目を閉じた状態
1週間後の抜糸直後の目を閉じた状態です。
1ヶ月後
目を開けた状態
1ヶ月後です。

目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後です。

目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大