症例写真

二重まぶたミニ切開法で幅の狭い平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶたミニ切開法で永久に戻らない二重を希望されていました。
また、目を開けた状態で、奥二重のようになるのは嫌で、ちゃんと二重の幅がでるようにして欲しいという御要望でした。
重瞼棒で色々シミュレーションして鏡で確認していただいたところ、少し幅が見えているくらいの二重まぶたを希望されたので、その位置でミニ切開法をしました。
ミニ切開法なので、皮膚の切除はしてません。
眼窩内脂肪やROOFなどは切除しておりません。
この方は、蒙古襞がそれほど発達していなかったので、この幅で二重を作ると、まぶたのシワの流れの関係で、作った二重のラインが蒙古襞を乗り越える形になり、必然的に平行型二重になりました。
患者様は目頭切開をすることなく、程よく幅の狭い平行型二重になったので、大変喜んでいただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
二重まぶたミニ切開法をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクをすることができます。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだわずかに腫れがあるため、予定の二重幅よりもやや広いです。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。
幅の狭い平行型二重になっています。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大