症例写真

二重まぶた埋没法をして取れて元に戻ったため、ミニ切開法で永久的に取れない二重を作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(目を開けた状態)
 
  After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、以前に当院で埋没法で二重まぶたを作ったのですが、数年経過して糸が緩んで、二重の幅が狭くなってしまい、ほぼ元の目に戻ってしまいました。
もう元に戻ってしまって何度も手術をやり直すのは嫌ということでしたので、ミニ切開法で元に戻らない二重を作ることになりました。
自然ですっぴんでも整形っぽくない二重を希望されていたので、不自然に蒙古襞を乗り越えないように二重幅が広すぎない末広型の二重を作りました。
手術時に前回の埋没法の糸は除去し、適度に眼窩内脂肪を除去しました。
皮膚切除、ROOF切除はしませんでした。
この方は元のまぶたの皮膚が厚いのですが、無理して二重の幅を広げず、下のほうの皮膚の薄いところで二重のラインを作ったため、目を閉じたときの切開線の傷跡が食い込んだり窪んだりすることなく、ほぼ平らになり、ほとんど目立たない傷跡になりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
過去に埋没法で二重まぶたを作ったのですが、糸が緩んで元に戻ってしまったため、ミニ切開法で永久に取れない二重まぶたを作ることになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後です。
強い腫れがあります。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
細かく糸で縫合してあります。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
1ヶ月後
目を開けた状態
1ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ少し腫れています。

目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
まだ少し傷跡の食い込みがありますが、時間の経過と共に目立たなくなります。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れが引き、完成です。
末広型の自然な二重まぶたになりました。

目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。
無理して幅を広げず、その人のまぶたに合ったラインで切開したので、傷跡の食い込みやくぼみはなく、ほとんど分からない切開線になりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大