症例写真

ミニ切開二重手術の写真

ビフォー・アフター
Before After
高須幹弥医師からのコメント

もともと狭い二重はあった方なのですが、加齢のため上まぶたの皮膚が下垂してきて、二重の幅が狭くなってしまい奥二重になってしまっていました。幅の広い平行型二重がご希望だったので、ミニ切開二重手術を行いました。
埋没法で切らずに幅の広い二重をつくることもできるのですが、皮膚のたるみの多い人に埋没法で幅の広い二重をつくると、数年で二重の幅が狭くなったり、ラインが浅くなって取れてしまうことがあるので、1~2週間くらいダウンタイムがとれる人はミニ切開をした方が良いです。
手術後、希望通りの幅の広い平行型二重になりました。切開したところが新たな二重のラインになるわけですが、この方は目を閉じた状態で、まつ毛の付け根から約11mmの位置で二重のラインをつくりました。
目を開けた状態でも約4mm二重の幅があります。
この方はまぶたの厚みはそれほどなかったので、たくさんの脂肪をとることはせず、切開して二重をつくる位置の皮膚の下の脂肪を少量とるのみにしています。これくらい広い二重の幅があると、バッチリアイメイクをしても二重の幅が隠れてしまうことはなく、大きな目を強調することができます。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大