症例写真

ミニ切開二重+目頭切開で狭い平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(メイクなし)
 
  After(メイクあり)
(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、蒙古ヒダが発達しており、目と目が離れ気味でした。
また、元々左右共一重まぶたなのですが、アイプチでまぶたの皮膚が被れており、右目にはアイプチの癖で中途半端な二重のシワのようなものができて左右非対称でした。
狭い平行型二重をご希望されていましたが、この方の目で狭い二重を作ると、発達している蒙古ヒダの中に目頭側の二重のラインが入り込んでしまい、末広型二重になってしまいます。
そのため、二重の手術と合わせて目頭切開(Z法)も行い、突っ張っている蒙古ヒダを解除することにしました。
二重の手術は、やや広めの幅にすることとまぶたを開ける力がそれほど強くないなどの理由で、埋没法ではやや戻り易いため、ミニ切開法で行いましました。
術後はご希望通り、ほぼ左右対称な狭い平行型二重になりました。
術前に比べて目と目が離れているのが目立たなくなり、全体的に目が大きくなって華やかになったのがお分かりいただけると思います。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大