症例写真

一重まぶたをミニ切開法で狭くて自然な末広型二重にした症例写真

ビフォー・アフター
Before After(メイクなし)
 
  After(メイクあり)
(2ヶ月後)
Before After(メイクなし)
 
  After(メイクあり)
(2ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、元々両目が一重まぶたで皮膚が被さっていたため、まぶたの開きが悪く見えていました。
あまり派手なメイクをしない方で、すっぴんやナチュラルメイクでも自分の顔に合った自然な二重を望んでいたため、目を閉じた状態で約6mmの位置でミニ切開法を行い、狭めの末広型二重を作りました。
蒙古襞がそれなりにある方なので、狭い二重を作ると必然的に末広型二重になります。
また、元々まぶたの厚みはそれほどなかったため、眼窩内脂肪やROOFは切除せず、二重を作るライン上の皮膚を薄くするために瞼板上の脂肪をわずかに切除したのみです。
この方は元々まぶたの開き自体それほど良くないため、眼瞼下垂手術を行わずに二重の手術だけで幅の広い二重を作ると、すっぴんやナチュラルメイクになるとかなり眠たそうな目になってしまうので、これくらいの幅の二重が最も自然で似合う二重になります。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大