症例写真

長期持続型ヒアルロン酸で鼻を高くした症例写真

ビフォー・アフター
Before After(注射直後)
Before After(注射直後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、低い鼻を高くして、鼻筋を通したいという御要望でした。
最初はシリコンプロテーゼではなく、ヒアルロン酸でやってみたいとのことでした。
なるべく長く持続するものが良いとのことだったので、長期持続型ヒアルロンで行うことになりました。
鼻根部(目と目の間あたり)から鼻先のやや上にかけて1本(1cc)注射しました。
注射後は鼻筋が通り、目鼻立ちが綺麗になりました。
注射後の写真は直後のものなので少し赤くなっていますが、赤みは数時間で引きます。
当院では、ヒアルロン酸注射をする場合、麻酔クリームを塗ってから、0.3%局所麻酔薬入りのヒアルロンを極細の針で注射するので、痛みはごくわずかです。
また、前もって麻酔の注射をする必要がないので、腫れはほとんどなく、注射直後の状態がほぼ完成の状態です。
鼻専用の長期持続型ヒアルロン酸は、皮膚の状態や注射する量にもよりますが、私の経験では5年くらいかけて吸収されて無くなっていくことが多いです(通常の鼻専用のヒアルロン酸は1~2年くらいで無くなることが多いです)。
一般的に鼻の皮膚のゆとりがある人や、注射するヒアルロン酸の量が多いほうが長持ちする傾向があります。
また、通常の鼻専用のヒアルロン酸よりも長期持続型ヒアルロン酸のほうが硬さがあるため、たくさん注射しても横に流れにくく、綺麗に鼻筋が通る傾向があります(通常の鼻専用のヒアルロン酸でも無茶してたくさん注射しなければほとんど横に流れません)。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大