症例写真

二重まぶた全切開法で幅の広い平行型二重を作った術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたであり、皮膚が被さって、細い目になっていました。
患者様は、「アイラインを引いても奥二重のようにならず、ちゃんと二重だってわかるラインにして、平行型二重にしたい」というご要望でした。
また、「埋没法だと、だんだん二重の幅が狭くなっていったり、一重に戻っちゃうって聞いたので、切開法でやりたい」というご希望でしたので、二重まぶた全切開法をすることになりました。
手術は、平行型二重になるように、蒙古襞を乗り越えて切開するデザインで行いました。
新しく作る二重のラインに乗る眼窩内脂肪を適量除去しました。
皮膚切除やROOF切除は行いませんでした。
術後は、幅の広い平行型二重になり、睫毛の生え際に、二重のラインの下の皮膚が被さって睫毛の生え際がやや隠れた状態になっていますが、希望通りの「アイラインを引いても奥二重っぽくならず、ちゃんと二重だってわかる二重」になったため、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
二重まぶた全切開法で幅の広い平行型二重を作ることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響により強い腫れがありますが、必ず引くので心配ありません。
6日後
6日後です。
抜糸をしました。
翌日からアイメイクすることができます。
3週間後
3週間後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ少し浮腫みがあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大