症例写真

二重まぶた全切開法でやや幅の広い平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1年3ヶ月後)
 
  After(1年3ヶ月後のメイクありの状態)
Before After(1年3ヶ月後)
 
  After(1年3ヶ月後のメイクありの状態)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ一重まぶたなのですが、アイプチやアイテープの影響でまぶたの皮膚が厚く硬くなっており、中途半端な二重のラインが何本かみられる状態でした。
患者様は平行型二重を希望されており、目を開けた状態である程度二重の幅が見えるようにしたいというご要望でした。
また、埋没法だといつか元に戻ってしまう可能性が高いため、切開法を希望されていました。
ある程度幅のある平行型二重を作る場合は、ミニ切開法(部分切開法、小切開法)よりも全切開法のほうが綺麗に仕上がることが多いので、切開法をすることになりました。
この患者様は、適度に蒙古襞があるため、蒙古襞を乗り上げて幅のある二重を作り、平行型二重になるように切開しました。
皮膚切除は必要がないのでしませんでした。
まぶたの余分な脂肪はなく、脂肪を除去してしまうと目が窪んでしまう可能性が高かったので、眼窩内脂肪やROOFの切除も行いませんでした。
手術後は希望通りの幅のある平行型二重になり、患者様には大変満足していただきました。
この患者様は、蒙古襞はあるものの、それほど強くは発達していなかったため、目頭切開をせず、ほどよく幅の広い二重を作るだけで、必然的に平行型二重になりました。
まぶたの厚みもそれほど強くなかったため、酷く不自然な二重になることもありませんでした。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
患者様のご希望で、やや幅の広い平行型二重も作ることになりました。
二重まぶた全切開法をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射の影響で強く腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんどありませんが、まだまだ腫れています。
5ヶ月後
5ヶ月後です。
ほとんど腫れは引きましたが、幅の広い二重を作ったため、腫れが完全に引くのが遅く、まだわずかな腫れは残っています。
1年3ヶ月後
メイクなし
1年3ヶ月後です。
完全に腫れは引きました。

メイクあり
1年3ヶ月後のメイクありの状態です。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大