症例写真

ミニ切開法で狭い平行型二重から広い平行型二重にした症例写真

ビフォー・アフター
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

この方は20代の女性で、元々狭い平行型の二重があり、自然でそれなりによかったのですが、目を開けた状態で見た目の二重の幅が1mm程しかなく、アイラインを書くとほとんど一重のようになってしまうのが不満で、御本人様は幅の広い平行型に憧れており、手術することになりました。
埋没法でも幅の広い平行型はつくれるのですが、広い二重だと元に戻りやすいということと、切開した方がはっきりした二重になるので切開法を選択しました。
それほどまぶたの腫れぼったさはなかったので、全切開法ではなく、よりダウンタイムの少ないミニ切開法で行いました。
術後は見た目の二重の幅が3mm程になり、しっかりとアイラインを書いてもまだ二重の肌色の部分が出るくらいになり、術前と比べても目が大きく見えるようになりました。
術前の狭い平行型と、術後の広い平行型を比べて、どちらが好きかと言われると好みが分かれるところですが、御本人様には御満足いただきました。
最近の若い女の子の間では広い平行型の方が人気がありますね。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
元々、狭い平行型二重の方です。
手術直後
手術直後です。
腫れていて二重の幅が広くなっています。広い二重をつくる方が腫れが目立ちます。
1週間後
1週間後の抜糸直後です。
まだ少し腫れがあり、若干二重の幅が広いです。抜糸した翌日からアイメイクができるようになります。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
ほとんど腫れは引いています。平行型のまま二重の幅が広くなり、術前より目が大きく見えるようになりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大