症例写真

二重まぶた全切開法であまり印象を変えないように奥二重を作った男性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

50代男性の患者様で、細くて眠たそうな一重まぶたがコンプレックスで来院されました。
診察させていただいたところ、一重まぶたで、年齢相応にまぶたの皮膚が黒目に被さっていました。
また、まぶたの開きがあまり良くなく、代償的にまぶたを開けるために無意識に眉毛を上げており、目と眉の距離が長く、ぱっとしない目もとをしていました。
私は患者様に、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くして自然な二重を作り、上眼瞼リフト(眉下切開で皮膚を切除する上まぶたたるみ取り)で余分な皮膚を切除してすっきりした目もとにすることをおすすめしました。
しかし、患者様は、「あまり変わりすぎて、会社の同僚に整形したことがバレると困る」ということだったので、二重まぶた全切開法で皮膚を切除しないで奥二重を作り、あまり目もとの印象が変わらないようにしました。
術後はまぶたの皮膚の被さりが上に上がった分、まぶたの開きが良くなって、黒目が見える面積も大きくなりました。
また、まぶたの開きが良くなったことにより、自然に眉の位置が下がり、目と眉の距離が近くなって、少し凛々しい目もとになりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
二重まぶた全切開法で、あまり目の印象が変わらないように奥二重を作ることになりました。
手術直後
手術直後です。
強く腫れています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
3週間後
3週間後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ少し腫れています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大