症例写真

全切開法で幅の広い平行型二重まぶたを作った男性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(目を開けた状態)
 
  After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、幅の広い平行型二重を希望させていました。
診察させていただいたところ、二重まぶたになっていましたが、やや蒙古襞が発達しており、目頭側の二重ラインが蒙古襞の中に入り、末広型二重でした。
患者様は、「ちょっとくらい整形っぽくなってもいい」ということでした。
手術は、二重まぶた全切開法で、蒙古襞を乗り越える幅の広い二重を作り、平行型になるようにしました。
適度に眼窩内脂肪を除去し、まぶたの腫れぼったさが解消されるようにしました。
皮膚切除、ROOF除去はしませんでした。
手術後は、希望通りのやや幅の広い平行型二重になり、患者様には大変満足していただきました。
男性は基本的にメイクをしないということと、日本人で天然の平行型二重の人はあまり存在しないというもあり、男性で幅の広い平行型二重を作ると、やや整形っぽくなることが多いですが(元の目にもよります)、患者様が平行型二重を希望されれば、男性でも平行型二重を作ることはあります。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
二重まぶた全切開法でやや幅の広い平行型二重を作ることになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後です。
強い腫れがあります。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
細い糸で細かく縫合してあります。
1週間後
目を開けた状態
1週間後です。
抜糸をしました。
まだ腫れがあり、予定より二重の幅が広いです。

目を閉じた状態
1週間後抜糸直後の目を閉じた状態です。
1ヶ月後
目を開けた状態
1ヶ月後です。
まだ少し腫れています。

目を閉じた状態
1ヶ月後の目を閉じた状態です。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れが引き、完成です。
やや幅の広い平行型二重まぶたになりました。

目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大