症例写真

お腹周りから脂肪吸引し、バストに脂肪注入した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、お腹周りの脂肪を脂肪吸引し、バストへ脂肪注入することをご希望されていました。
診察させていただいたところ、お腹周りにはたっぷりと皮下脂肪がついており、十分に脂肪吸引できるボリュームがありました。
バストは元々そこそこのボリュームがあり、十分に脂肪注入して膨らませるだけのキャパシティーがありました。
全体的にやや太り気味の体型で、非常にバストの脂肪注入に向いている症例なので、患者様のご要望通り、お腹周りの脂肪吸引+バストへの脂肪注入をすることになりました。
全身麻酔下に、お腹周り全体(上腹部、下腹部、ウエスト、背中、腰)から満遍なく脂肪吸引し、濾過器で余分な水分とトリグリセライドなどの不純物を取り除いて、血小板などの血球成分やPRPなどの成長因子を残した状態の濃縮脂肪を作成しました。
左右のバストに濃縮した脂肪を130ccずつマルチプルインジェクション法で細かく満遍なく注入しました。
術後は、お腹周りが一回り以上細くなって、バストは一回り大きくなり、全体的にグラマラスなスタイルになりました。
この患者様のように、そこそこ太っていて、元々そこそこバストが大きい人は、バストの脂肪注入の良い適応になります。
逆に、痩せていてバストがぺったんこで小さい人は、バストの脂肪注入のあまり良い適応にはなりません。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

手術前
手術前です。
お腹周り全体(上腹部、下腹部、ウエスト、背中、腰)から脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔液やチュームセント液などの影響で腫れています。
内出血もあります。
これらは必ず引いていくので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
バスト、お腹周り共にわずかに内出血があります。
この程度の内出血はあと1週間程度で引いてしまいます。
3週間後
3週間後です。
内出血は完全に引いています。
浮腫みはまだ全体的にあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
お腹周りは一回り以上細くなり、バストも一回り大きくなりました。

■術後の経過:背面

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
3週間後
3週間後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大