症例写真

お尻~太もも上部にかけて脂肪吸引し、大きなお尻を小さくした30代女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、大きなお尻を小さくしたいというご要望で来院されました。

診察させていただいたところ、お尻から太ももの上部にかけてたくさん皮下脂肪がついており、確かに大きなお尻をしてらっしゃいました。

特にお尻から太ももに移行する部分の境目のところにたくさん皮下脂肪がついており、真後ろから見ると、お尻の形が台形になっていました。

患者様は、脂肪溶解注射などで何回も通うのではなく、脂肪吸引でしっかり脂肪を取ってほしいというご希望でした。

この患者様くらいの皮下脂肪の量であれば、イタリアンメソシェイプ(脂肪溶解注射)と脂肪吸引どちらも適応になりますが、患者様のご要望通り、脂肪吸引をすることになりました。

お尻全体と、お尻から太ももに移行する部分を中心に、皮下脂肪を取りすぎない程度に程よく脂肪吸引をしました。

術後6ヶ月の時点では、台形だったお尻の形が程よく丸くなって、全体的に小さくなり、患者様には大変満足していただきました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大