症例写真

乳房縮小手術(マンマリダクション)で、大きくて垂れているバストを吊り上げて小さくした症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1年2ヶ月後)
Before After(1年2ヶ月後)
Before After(1年2ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

40代後半の女性患者様で、大きくて垂れたバストを小さくして形を綺麗にしたいというご要望で来院されました。
元々若いときから大きいバストだったそうですが、妊娠、出産、授乳を繰り返したことと、加齢によって垂れ下がってしまったとのことでした。
診察させていただいたところ、ブラジャーのサイズでいうと、Gカップくらいのボリュームがあり、乳輪も大きく広がって、バスト全体が垂れ下がっていました。
患者様は、「Dカップくらいの大きさにして、垂れているバストをバストアップし、できれば乳輪も小さくしたい」というご要望でしたので、乳房縮小手術(マンマリダクション)をすることになりました。
全身麻酔下に両側同時に行うことになりました。
逆T字法に準じていかり型に余分な皮膚を切除し、脂肪吸引と乳腺切除で、片側につき約300gのボリュームを除去しました。
乳輪周囲の余分な皮膚も切除し、乳輪の直径が約4cmになるように縫縮しました。
術後は、Dカップ程度の程よい大きさのバストになり、垂れていたのもだいぶ解消され、形の良いバストになりました。
また、大きかった乳輪も一回り小さくなって、平均的な大きさになり、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
大きくて垂れたバストを乳房縮小手術(マンマリダクション)で小さく整えることになりました。
手術直後
手術直後です。
局麻酔の影響もあり腫れていますが、必ず腫れは引いて綺麗になるので心配ありません。
サクションドレーンは3日間留置します。
1週間後
1週間後です。
半抜糸しました。
まだまだ腫れており、内出血もあります。
2週間後
2週間後です。
全抜糸しました。
まだまだ腫れています。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
内出血は完全に消えていますが、まだまだ腫れています。
腫れが完全に引くのに6ヶ月くらいかかることが多いです。
1年2ヶ月後
1年2ヶ月後です。
腫れは完全に引いています。
わずかに傷跡の赤みがありますが、月単位年単位でだんだん白くなっていき、引いていきます。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大