美容整形について

顔の診察のとき、すっぴんで受けるべきか、化粧して受けるべきか?



名古屋院のパウダールーム。基礎化粧品・メイク用品・ドライヤーなどをお貸しできます。

よく、メールのお問い合わせなどで、「顔の診察を受けるときは、化粧して行っていいですか?すっぴんじゃないと駄目ですか?」と質問されます。

基本的に顔を診察するときは、化粧をしていると(特に厚化粧の場合)、本当の顔がわからないので、的確な治療方針が立てづらいです。そのため、可能な限り化粧を落とした状態で、じっくり丁寧な診察をさせていただきたいです。もちろん、院内にパウダールームがございますので、来院される際は化粧していただいて、診察前に落としていただけば大丈夫です。

ただし、稀に二重まぶたなど目の診察で、普段かなり派手なアイメイク(カラコン、つけまつげ、アイプチ、アイテープなども含む)をしている方で、どうしても普段のメイクした状態を先生に見て欲しいということがあるので、その場合は一旦メイクした状態で診察させていただくことはあります。

また、ヒアルロン酸注射やボトックス・ボツリヌストキシン注射などの簡単な施術のみを、診察後すぐにご希望の方は、化粧をした状態で診察させていただき、注射する部位だけ化粧を落として施術させていただくことはあります。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大