美容整形について

目の下にPRP(多血小板血漿)やセルリバイブジータを注射すると凸凹になるリスクが高い?

よく、他院で目の下にPRP、WPRP、セルリバイブジータなどを注射されて、凸凹になったり、しこりが残ったりして、修正目的で来院される患者様がいらっしゃいます。PRP、WPRP、セルリバイブジータなどは、患者様から採血し、血液を円心分離にかけ、多血小板血漿を作り、それを皮膚に注射するという治療です。「自分の体から採取した成分を使うので安心」という謳い文句で、それをやりたがる人は多いです。

しかし、それらの治療は、正しい使い方をすればそれなりの効果が得られますが、間違った使い方をすると凸凹になったり、しこりが残ったりするリスクがあります。特に目の下への注射は要注意で、凸凹になったり、しこりが残ってしまうことが非常に多いです。

PRP、WPRP、セルリバイブジータなどは、注射したあと、数ヶ月程度で完全に元に戻ることもありますが、コラーゲン繊維が永久に残り、それがしこりになって永久に残ることもあります。特に、グロースファクター(成長因子、bFGF、フィブラストスプレー)成長因子、bFGF、フィブラストスプレーを一緒に注射した場合は、凸凹になったり、しこりが残るリスクが高いです。

運悪く目の下が凸凹になったり、しこりが残ってしまった場合は、残念ながら、しこりを除去し完全に元に戻すことはできません。手術でとることもできないし、しこりを溶かす注射などもありません。その場合は、ウルセラやサーマクールアイなどを目の下に照射して皮膚の張りを出したり、窪んでいる部位に少量のヒアルロン酸を注射したりして、姑息的に治療するしかありません。

そもそも、PRP、WPRP、セルリバイブジータなどの治療は、治療後、かなり腫れるわりには、それほど大きな効果はなく、凸凹になるリスクも高いため、高須クリニックで若返り治療の第一選択にすることはほとんどなく、目の下には注射しないようにしています。

切らない若返り治療がご希望の場合は、PRP、WPRP、セルリバイブジータよりも、長期持続型ヒアルロン酸などの注射系治療、イタリアンリフトなどの糸のリフトアップ治療、ウルセラなどの照射系治療のほうが腫れが少なくてリスクも低く、患者様の満足度が高いです。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大