美容整形について

ヒアルロン酸注射は量によって料金、値段が変わるのか? 鼻、顎、涙袋、法令線、額、ゴルゴ線、頬など

高須クリニックで片方だけの法令線にヒアルロン酸を注射する場合、片方分だけの料金で1本の値段の半額になるのですか?」「鼻にヒアルロン酸を注射するとき、ヒアルロン酸を半分しか使わなかったら、料金も半分なんですか?」「高須クリニックのヒアルロン酸は、0.1ccでいくらですか?」「ヒアルロン酸は注射は、入れる量によって値段が変わってくるのですか?」などとご質問いただきます。

高須クリニックでは、鼻、顎、額(おでこ)、涙袋、法令線、マリオネットライン、目の下、ゴルゴ線、頬、コメカミなどに注射するヒアルロン酸は、それぞれの部位に適したヒアルロン酸を使用しています。例えば、鼻には鼻専用の比較的硬くて横に広がりにくいヒアルロン酸を使用しており、涙袋には涙袋専用の綺麗に膨らんで広がらないヒアルロン酸を使用しており、法令線には法令線などの深いシワ専用のヒアルロン酸を使用しています。

ヒアルロン酸の料金は、
鼻の場合
1本1cc50,000円、長期持続型は150,000円
顎の場合
1本1cc50,000円、長期持続型は150,000円
額(おでこ)、涙袋、法令線、マリオネットライン、目の下、ゴルゴ線、頬、コメカミの場合(それぞれの部位で種類の異なるヒアルロン酸を使用することが多いです)
1本1cc100,000円

(全て税抜き価格)です。

■ヒアルロン酸が注入可能な部位

1本が1ccであり、もし、1本使いきらなくて、余った場合、残ったヒアルロン酸はその日のうちに棄てることになります(ただし、法令線、マリオネットライン、ゴルゴ線、頬、コメカミなどは、同一の種類のヒアルロン酸で注射することができるので、私に関しては、余ったヒアルロン酸を他の部位に注入することがあります)。
他のクリニックでは、「ヒアルロン酸0.1ccで○○円」のように、0.1cc単位で注射したり、余ったヒアルロン酸を保管しておいて、別の日に残りを注射することがありますが、高須クリニックではそのようなことは行っておりません。

ヒアルロン酸注射の製剤は、ほとんどのものが1本で1ccです。
そのため、0.1cc単位でヒアルロン酸を注射するためには、

①1本のヒアルロン酸を複数の人に使い回す
②余ったヒアルロン酸を、後日、同じ人や他の人に使用する
③1本の顔用のヒアルロン酸を他の注射器に小分けして使用する

などのことをする必要がありますが、これらのことは様々なリスクがあり、メーカーも推奨していないので、高須クリニックでは行っておりません。1本のヒアルロン酸注射を色々な人に使い回すと、様々な感染症を伝搬させてしまう可能性があります
最悪の場合、知らない間に、HIV(エイズウィルス)、B型肝炎、C型肝炎などに感染することもあります。
余ったヒアルロン酸を保管しておいて、後日注射すると、保管している間に雑菌が繁殖して、感染症を起こしたり、ヒアルロン酸が劣化、分解されて、早く吸収されてなくなってしまったり、綺麗に仕上がらなかったり、凸凹になってしまうリスクがあります。
1本のヒアルロン酸を小分けして保管しておくと、小分けするときに雑菌が混入したり、小分けして保管しているときに雑菌が繁殖し、感染症を起こす可能性があります。
本来、ヒアルロン酸注射は、滅菌されたヒアルロン酸が滅菌された注射器に滅菌された状態で滅菌パックに密封されて厳重に保管されており、使用するときに滅菌パックを開け、使用し、余ったヒアルロン酸はその日のうちに破棄するのは普通で、メーカーもそれを推奨しており、高須クリニックでもそのようにしています。
高須クリニックでは、最も安全な方法でヒアルロン酸を管理し、注射させていただいておりますので、ご安心くださいね。

薬品の使い回し 開封後保存 小分け使用

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大