美容整形について

鼻、顎、こめかみ、豊胸のシリコンプロテーゼを抜いて除去すると、抜いた後のスペースはどうなるのか?

鼻、顎、こめかみなどのシリコンプロテーゼや、豊胸のシリコンバッグプロテーゼを抜いて除去することを希望している患者様のカウンセリングをしていると、時々、「プロテーゼを抜くと、抜いた後のスペース(空間)はどうなってしまうのですか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「プロテーゼを抜いた後のスペースはなくなります」です。

人間の体の中に、プロテーゼなどの異物を入れると、生体反応を起こし、異物を取り囲もうとするため、プロテーゼの周りにコラーゲンの被膜(カプセル)を形成します。被膜(カプセル)は、ビニール袋のビニールのような薄い膜なので、鼻、顎、こめかみ、豊胸でプロテーゼを入れた場合、被膜によって、鼻の高さに影響が出たり、顎、こめかみの形、バストの大きさに影響が出ることはまずありません

体の中にプロテーゼが入っている間は、常にプロテーゼの周りに被膜(カプセル)があり、プロテーゼと組織は癒着しない状態になっています。プロテーゼを抜いて除去するとき、プロテーゼは被膜(カプセル)によって組織と癒着していないため、ツルンっと滑り、比較的簡単に除去することができます。プロテーゼを抜いた後は、被膜(カプセル)が残りますが、被膜(カプセル)は異物ではなく、自分の体から作られたものなので、被膜同士がくっついて癒着し、抜いた後のスペース(空間)は完全になくなります。

被膜(カプセル)そのものも、数ヶ月~数年の経過で、ほとんどが吸収され、なくなり、瘢痕化します。そのため、鼻、顎、こめかみ、豊胸のシリコンプロテーゼを抜いた後は、ほとんど入れる前の状態に戻ることになります

症例写真
■35年前に当院で豊胸手術をして、全く問題はないが、ご本人の希望でプロテーゼを抜いた症例写真


(1ヶ月後)


(1ヶ月後)


(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大