美容整形について

何故、私は手術動画をアップするのか?

私は美容整形に関する色々な動画をYouTubeにアップしています。美容整形の一般論的な話をする動画や、高須クリニックのドクター紹介動画、手術前のデザイン解説、術後経過の説明、そして手術中の映像動画。

これらの動画を観た患者様の多くは、「凄く勉強になりました!」「この動画を観て手術する決心がつきました!」とおっしゃってくださいますが、中には、「閲覧注意の手術動画を観たら怖くなってしまいました」とおっしゃる患者様もいらっしゃるのが現状です。

私が手術動画をアップする理由は主に、
  • ①患者様に手術内容を詳しく理解していただき、納得した上で安心して手術を受けていただくため
  • ②日本の美容整形外科医の教育、日本の美容医学会の発展のため
の2つです。

①患者様に手術内容を詳しく理解していただき、納得した上で安心して手術を受けていただくため

①の「患者様に手術内容を詳しく理解していただき、納得した上で安心して手術を受けていただくため」は、文字通り、患者様に手術動画を観ていただき、手術内容を正しく理解していただくためです。私のカウンセリングを受けにいらっしゃる初診の患者様の中に、時々、いいかげんな情報を頭の中に大量に入れて、不安いっぱいの方がいらっしゃいます。そのような患者様は、毎日何時間も美容整形に関することをインターネットで検索し、インターネット内の膨大な量の情報を頭の中に入れています。

しかし、インターネット内の美容整形に関する情報の7~8割は嘘の情報というのが現実です。現在、インターネット上の美容整形に関するサイトの多くは、アフィリエイトサイトやステルスマーケットサイトであり、美容整形クリニックが広告費を投入して運営しているサイト、ランキングサイト、裏で紹介料が発生している紹介サイトや個人ブログ、クリニックや業者が自由に操作できる口コミサイトがほとんどであるからです(誰でも匿名で書き込みができるYahoo!知恵袋や2ちゃんねるなどの掲示板は便所の落書きと同レベルであり、論外です)。そのような嘘偽りの情報を頭の中に大量に入れてカウンセリングを受ける患者様は、メモ用紙にびっしり質問事項を書き込んできて、大量の質問をされます。

その質問の多くは、手術に関するものであり、
  • 「二重まぶた切開法の麻酔の注射は、どこに何ヵ所打つのですか?麻酔は何本打つのですか?」
  • 「鼻にシリコンプロテーゼを入れるときはどれくらい出血するのですか?」
  • 「顎のシリコンプロテーゼの手術時間は何分ですか?」
  • 「眼瞼下垂手術の手術方法と二重まぶた切開法の手術方法は何が違うんですか?」
  • 「二重まぶた全切開法の内部処理は、中縫いをしない場合、どのようにするのですか?」
  • 「高須クリニックの二重まぶた埋没法は、糸をどのように通して埋め込むのですか?」
  • 「高須クリニックのフェイスリフトはSMAS(スマス)やリテイニングリガメントの処理はどのように行いますか?」
  • 「鼻先に耳介軟骨移植をする場合、耳介軟骨はどこからどのように採ってきて、どのように細工して入れるのですか?」
  • 「目頭切開の修正で蒙古襞形成する場合、逆Z法とV-Y法はどう違うのですか?」
  • 「バストを小さくする手術は、胸のどこを切開して、どこに傷が残るのですか?」
  • 「眼窩内脂肪とROOFは何が違うのですか?」
といった具合です。

本来、そのような手術手技的な説明は、人体解剖学、人体生理学、形成外科的手技に精通し、膨大な医学知識が頭の中に入っている人にしか理解できません(はっきり言って、7年目以上の形成外科医クラスでやっと理解できることなので、一般人がどれだけ勉強しても理解することは不可能です)。しかし、そのような患者様は、膨大な量の嘘偽りの情報、ネガティブな内容の情報が頭の中に入ってしまっているので、自分が疑問に思っていることを解消しないと、不安いっぱいで手術に踏み切ることができません。私はそのような患者様には、少しでも理解していただくために、できる限り言葉でわかりやすく説明させていただくのですが、それでも納得せず、不安が解消されない場合は、手術動画を観ていただくしかないと思います。

私のアップする手術動画は、原則として完全ノーカットです。そのため、私の手術動画を観れば、手術、手術手技に関するものを全て観ることができます。百聞は一見にしかずであり、素人が二重まぶた全切開の内部処理のやり方をいくら言葉で説明を受けても、実際の1%も理解できないと思いますが、手術動画を観れば30%くらいは理解できると思います。もし、手術中の血が出てる映像を観るのが苦手な人は、担当医を信頼し、担当医の説明だけで理解、納得し、手術を受けるしかありません。高須クリニックには、新米の医者や研修医、手術の下手な医者はおらず、手術の上手なベテランの医者しかいないため、任せていただけば問題はありません。

また、手術動画を観ても平気だと思っていたのに、実際観てみたら怖くなってしまったという人は、手術を受けなくて良かったのかもしれません。そのような人は、美容整形手術を受けることを、エステやサロンに行ったり、美容室で髪を切ったり、服屋で服やアクセサリーを買うような軽いノリで受けようとしていた可能性があります。美容整形手術は、健康な体にメスを入れるなどして侵襲を加えることで形を変える行為であり、エステやサロン、美容室、服屋で行われている行為とは全く異なります。

美容室で髪を切って自分に似合ってなくても、しばらくすれば髪は伸びるため、また自分に似合った髪型にすることができます。服屋で自分に合っていない服を買って失敗しても、お金は無駄になってしまいますが、その失敗を糧にして、次にもっと自分に合った服を買うことができます。美容整形は、自分に似合っていない手術を受けた場合、ある程度修正手術をすることができることもありますが、場合によっては取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

②日本の美容整形外科医の教育、日本の美容医学会の発展のため

②の「日本の美容整形外科医の教育、日本の美容医学会の発展のため」というのは、現役の美容外科医や、美容外科医を目指す若い医者、医学生に観てもらうためです。今、日本にはたくさんの美容外科医がいます。上手な手術ができる優秀な美容外科医がいれば、ほとんど手術ができない美容外科医、下手だけど手術をする美容外科医など、色々な美容外科医がいます。それらの医者は、大手チェーン店系美容整形クリニックに勤務する美容外科医、個人開業医、大学病院などの総合病院の美容外科で働く美容外科医などで、様々な環境で働いていますが、実際には、まともな手術ができない未熟な美容外科医が多いというのが現実です

そのため、高須クリニックには他院で手術を受けて、失敗し、修正手術希望で来院される患者様が非常に多いです。日本で美容整形が浸透し、全国に美容クリニックが増え、美容整形を受ける人が増えるのに従って、修正手術目的で来院される患者様も増える一方です。何故、こんなにも未熟な美容外科医が多く、手術の失敗や事故が多いのでしょうか?それは、医師達が美容外科手術を学ぶ場があまりにも少ないからです

ほとんどの大学病院や総合病院の美容外科では、患者様が集まらず、美容外科を標榜はしているが、あまり美容外科の手術はしていないというのが現状です。大手チェーン店系美容クリニックでは、多額の広告費を使い、様々なキャンペーンや、無料クーポン、割引クーポンを配ることなどで戦略的に集客活動をするので、手術を希望して来院する患者様は多いのですが、そのようなお金儲け主義的なクリニックには、優秀な美容外科医がいないのが現実です。仮に優秀な美容外科医が就職しても、悪どいトッピング商法、売り上げ至上主義に嫌気がさし、すぐに辞めてしまうからです。そのため、常に新卒や研修医上がりの若くて何もできない医者、未熟な医者しかいません。

若い医者がそのようなクリニックに就職しても、正しい手術手術を指導してくれる上級医師がおらず、上手な手術を見る機会すらありません。このように、日本の美容外科医は、正しい手術手術を観て学ぶ機会がほとんどないというのが現状です。他の美容クリニックの先生も、YouTubeなどに手術動画をアップしてることはあるのですが、自分の手術に自信がないのか、企業秘密を隠したいのか、手術の一部分しかアップせず、何が言いたいのかよく分からない動画がほとんどです。

そのような現状もあり、私は手術動画を完全ノーカットでYouTubeでアップしています。

実際、日本全国のたくさんの美容外科医の先生方から、「いつも先生の手術動画を観させていただいてます!」「先生の手術動画に大変勉強になります!」と、お言葉をいただいてます。

私は、自分の手術には自信があるし、同業の医者が観ても、上手だと感じてもらえると思います。私の動画を観て、日本の美容外科医のレベルが上がり、日本の美容外科会が発展してくれれば、未熟な医者の手術を受けて、失敗され、被害を受ける患者様は少なくなると信じています。そうなってくれるなら、私の技術や企業秘密が流出することも、嫌な思いはしないし、むしろ嬉しく思います。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大