美容整形について

小陰唇縮小手術やクリトリス包茎手術などの女性器手術の麻酔の注射や術後は痛いのか?

小陰唇縮小手術やクリトリス包茎手術などの女性器手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、

手術は痛いですか?

麻酔の注射はどこに打つのですか?

手術後は痛いですか?

などのご質問をいただきます。

小陰唇縮小手術やクリトリス包茎手術は、余っている皮膚を切除して縫合する手術であるため、最初に切除する皮膚に局所麻酔注射をします。

そのときだけチクッとした痛みがありますが、極細の注射針で注射するため、それほど強い痛みではありません。

また、注入するとき痛くないように、希釈して酸性度を落とし、人間の身体の中のphに近づけるようにアルカリ性の緩衝液を混ぜた、高須クリニックオリジナルの局所麻酔液を用いるため、わずかな痛みだけで済みます

手術中は局所麻酔がしっかり効いているため、痛みは全くありません。

手術が終わった後は、3~4時間程度経過すると、局所麻酔が切れてきて、徐々に軽い痛みが出てきますが、それほど強い痛みはないので心配ありません

傷というのは、新鮮な創面(生傷の状態)が空気に晒されていると強い痛みがあることがありますが、細かく丁寧に縫合され、創面が閉鎖されていると、あまり痛くはないからです。

痛みが強くて日常生活に支障がでたり、痛くて夜も眠れないなんてことはまずないので大丈夫です

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大