ボディの施術について

胸を大きくしても、谷間ができやすい人とできにくい人がいます。

マンマリーヒアル(ヒアルロン酸注入)、バスト脂肪注入、プロテーゼ豊胸などのカウンセリングのときによく患者様から、「バストを大きくして胸に谷間ができるようになりたいです」と言われます。

胸が大きくなれば、大きくなった分、当然誰でも谷間はできやすくなるのですが、谷間ができやすいタイプの人と、谷間ができにくいタイプのひとがいます

体格が華奢で、胸郭(胸の部分の骨格のこと)が開いていない人や、バストが内側に付いていて、左右に離れていない人は谷間ができやすく、体格がよく、胸郭が開き気味で、バストが外側に付いていて、左右に離れている人は谷間ができにくいです。

バストが外側に離れていて谷間ができにくい人は、ヒアルロン酸であれ、脂肪注入であれ、プロテーゼであれ、バストの内側を大きくすれば、谷間をつくることができます。しかし、あまり内側ばかり大きくしてしまうと、相対的に乳首が外側に付いているようなバランスの悪いバストになってしまうので、内側ばかりでなく、ある程度全体的に大きくする必要があります。

私はいつも谷間希望の患者様には、なるべく谷間ができるように努力させていただいておりますが、全体的な美しさやバランスも考えて施術していますので、ご安心ください

谷間ができやすいタイプ
  • 体格が華奢
  • 胸郭(胸の部分の骨格のこと)が開いていない
  • バストが内側に付いている
  • バストが左右に離れていない

症例写真
■プロテーゼ挿入 右の大胸筋下に150cc、左の大胸筋下に125cc





ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大