ボディの施術について

豊胸手術をする方は、何ccのバッグを入れる人が多いのか?



当院で使用している オリジナルのシリコンバッグ

よく、プロテーゼ(シリコンバッグ)による豊胸手術を希望される患者様のカウンセリングの際に「何ccのバッグを入れる人が多いですか?」と質問されます。

高須クリニックでは、小さいものでは100ccから、大きいものでは300ccまで取り揃えており、極端な巨乳願望の方には400ccや500ccなどを海外から取り寄せることもあります

私の患者様に関しては、最近一番多いのは125ccのバッグです。 125ccだと、約1.5カップのサイズアップするので、例えばAカップ強の方に入れれば、Cカップくらいになります。10年くらい前は「サイズによって値段が変わらないし、どうせやるならしっかりと大きくしたい」という人が大半だったので、200ccくらいのバッグを入れる人が多かったのですが、最近は「人に気付かれない程度に大きくしたい」、「人並み程度の膨らみができれば良い」という人が多く、125ccくらいが多くなっています

もちろん、今でも「どうせやるならしっかりと大きくしたい」という方はいらっしゃるので、200~300ccの大きめのバッグを使うことはありますが、100~150ccくらいの小さめのバッグを使うことの方が圧倒的に多くなっています。

以前に比べ、小さいバッグを入れる方が多くなったのは、近年のプチ整形などの流行により、気軽に美容整形をしに訪れる方が増えたからだと思います。気軽に美容整形を受ける人ほど、他人にバレることを嫌ったり、変身願望が小さかったりするので、小さいバッグを選択されます。小さいバッグを入れるメリットとしては、術後の腫れや痛みが、大きいバッグに比べて少ないということがあります

症例写真
■豊胸手術(プロテーゼ挿入)大胸筋下に125CCずつ


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大