ボディの施術について

意外に男性で乳頭縮小手術を受ける人が多いです。

乳頭縮小術は通常女性に対して行う手術で、もともと乳頭が大きい人や、授乳によって伸びてしまった人に行いますしかし、男性患者様にも乳頭縮小手術を行うことがあります中でも多いのはアトピー性皮膚炎の患者様です

アトピー性皮膚炎の方の皮膚は、慢性的な刺激を受けることにより肥厚して厚く硬くなることが多いので、乳頭がTシャツなどで擦れることにより、大きくなってしまうことがあります。アトピー性皮膚炎以外でも、女性化乳房に伴って乳頭が大きい人や、特別な原因はなく、もともと乳頭が大きい人もいらっしゃいます。

手術は通常女性に対して行う乳頭縮小手術と同じで、乳頭の付け根の皮膚を円筒状に切除して縫合する方法や、乳頭の先端を楔状に切除して縫合する方法を行い、一般男性の平均サイズになるようにします。

男性に対して行う乳頭縮小手術は、女性に対して行う乳頭縮小手術よりも遥かに難易度は低いです。何故なら、授乳機能を温存させることを考慮しなくて良いし、完成させる乳頭の大きさは女性の乳頭よりも小さいので、手術時間も片側10~20分くらいで短いです。

乳頭縮小手術は、女性も男性も傷跡はほとんどわからなくなります。

また、アトピー性皮膚炎で乳頭が大きくなってしまった方は、手術で乳頭を小さくすることにより、刺激を受けにくくすることができます。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大