ボディの施術について

イタリアンメソシェイプ(脂肪溶解注射メソセラピー)を注射した後、溶けた脂肪はどこへいくのか?

イタリアンメソシェイプ(脂肪溶解注射メソセラピー)希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「脂肪溶解注射で溶けた脂肪はどこへ行ってしまうのですか?」「脂肪溶解注射で溶けた脂肪は、また体のどこかへついてしまうのですか?」などのご質問いただきます。

私の答えは、「脂肪溶解注射で溶けた脂肪は尿、汗、大便から排泄されてしまうので、再び体のどこかへついてしまうことはありません」「脂肪を蓄える貯蔵庫である脂肪細胞そのものを破壊し、脂肪細胞の数を減らすので、効果は半永久に持続します」です。

以下に、イタリアンメソシェイプを注射して、皮下脂肪が溶けて排泄される仕組みを詳しく説明させていただきます。

〈イタリアンメソシェイプ(脂肪溶解注射メソセラピー)で皮下脂肪が溶けて排泄されるメカニズム〉

高須クリニックの脂肪溶解注射メソセラピーのイタリアンメソシェイプの主成分は、フォスファチジルコリン、L-カルニチン、α-リポ酸です。

まず、皮下脂肪内に注射されたフォスファチジルコリンはその浸潤部位の脂肪細胞を破壊し溶解します。フォスファチジルコリンには脂肪分を分散させる乳化作用があるほか、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げ、脂肪の適切な代謝を促す働きがあります。この働きを利用して、脂肪酸を脂肪細胞から遊離させます。

遊離した脂肪酸をミトコンドリアへ運ぶミトコンドリアは生物の細胞を構成する要素の一つで、呼吸によってエネルギーを生成します。ミトコンドリアは、細胞の中に酸素と脂肪酸が入ると、脂肪酸を燃焼してエネルギーを生み出す働きがあります。脂肪溶解注射の薬剤には、遊離脂肪酸を細胞のミトコンドリアに運ぶ働きがあるL-カルニチンが含まれています。

L-カルニチンの作用により、脂肪酸はミトコンドリアに燃焼されてエネルギーに変わり、老廃物はリンパ液や血液に運ばれます。ミトコンドリアの働きを活発にする脂肪溶解注射の薬剤に含まれるαリポ酸には、新陳代謝を活発にする働きがあり、これによりミトコンドリアが脂肪酸を燃焼させる力をより活発にします。

そして溶解された脂肪は血管やリンパ管といった循環器系を通り、尿、汗、大便と一緒に体外に排出されます。

イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射のメカニズム

症例写真
■イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射 お腹周り


(1クール終了後2ヶ月)

■イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射 頬


(3回注射後2ヶ月)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大