ボディの施術について

リポビーンとイタリアンメソシェイプ(メソセラピー)どちらが効果ある?腫れ、経過、ダウンタイムは?

よくメールのお問い合わせなどで、「よその美容クリニックではリポビーンという腫れない脂肪溶解注射があるらしいのですが、高須クリニックではリポビーンはやっていないのですか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「リポビーンよりもイタリアンメソシェイプ(イタリアンメソセラピー)のほうが総合的に優れているので、高須クリニックでは脂肪溶解注射はイタリアンメソシェイプを使用しております」です。

リポビーンは大豆に含まれるフォスファチジルコリンを主成分とした韓国製の脂肪溶解注射です。従来の脂肪溶解注射に比べて腫れが少ないという触れ込みで韓国、日本で出回っています。

高須クリニックでもリポビーンを導入することを考え、試験的にリポビーンを仕入れ、私自身の体や従業員の体に使用していました。使用してみたところ、イタリアンメソシェイプ(イタリアンメソセラピー)に比べ、注射後の腫れはわずかに少ないか同じくらいでした(リポビーンは腫れが少ないという触れ込みですが、私の印象では結構腫れます)。脂肪を溶かす効果はイタリアンメソシェイプのほうが優れている印象でした。そのため、効果が優れており、患者様の満足度が高いイタリア製のイタリアンメソシェイプを使用していく方針になりました。

リポビーンは韓国製で、イタリアンメソシェイプに比べ仕入れ原価が安く、イタリアンメソシェイプに比べると劣りますが、それなりに脂肪溶解効果もあるため、決して悪い製品でもないと思います。高須クリニックの方針は、患者様に最も安全で効果のある治療を提供してゆくという考えであるため、イタリア製のイタリアンメソシェイプを使用していくことになりました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大