ボディの施術について

豊胸手術後のマンモグラフィ乳癌検診で、シリコンバッグプロテーゼが破損して崩れることはあるのか?


当院で使用している
オリジナルのシリコンバッグ

シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術希望の患者のカウンセリングをしていると、時々、「豊胸手術をした後、乳癌検診でマンモグラフィを受けることはできますか?」「豊胸手術をした後、マンモグラフィを受けると、シリコンバッグプロテーゼが破損して、バストが崩れるってネットに書いてあったんですが、本当ですか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「現在、高須クリニックで使用しているシリコンバッグプロテーゼは、大変強度が強く、劣化しにくいバリアコートのコヒーシブシリコンジェルバッグであるため、マンモグラフィを受けて、圧力がかかっても、破損することはまずありません」です。
乳癌検診で行うマンモグラフィは、バストを2枚の板で強い圧力をかけて縦に挟み、レントゲン撮影するX線検査です。プロテーゼによる豊胸手術を受けている人にマンモグラフィを行うと、当然、プロテーゼにも強い圧力がかかることになります。

現在、高須クリニックでは、大変強度が強く、劣化しにくいバリアコートのコヒーシブシリコンジェルバッグを使用しているため、マンモグラフィを受けて、圧力がかかっても、破損することはまずありません。
しかし、他院で使用されている安価で劣化しやすいタイプのプロテーゼや、旧式の生理食塩水バッグやハイドロジェルバッグに関しては、マンモグラフィの圧力で破損する可能性は0ではありません
そういったこともあり、プロテーゼが入っている人に対しては、乳癌検診の際、マンモグラフィは行わない施設が多いです
高須クリニックでは、プロテーゼによる豊胸手術を受けた患者様が乳癌検診をする際、ご希望であれば、プロテーゼが入っていても乳癌検診をしてくれる医療機関をご紹介させていただいております
実際には、触診やエコー(超音波検査)で検査を行ったり、必要に応じて、MRI検査などを行うことが多いです。
ちなみに、マンマリーヒアル(ヒアルロン酸注射による豊胸)や脂肪注入による豊胸を受けた後、マンモグラフィを受けた場合、注入したヒアルロン酸や脂肪に影響が出ることはありません

他の施術との比較

  豊胸手術
(プロテーゼ挿入)
(マルチプルインジェクション法)・脂肪注入 プチ豊胸術
(マンマリーヒアル®
マンモグラフィ検査 △※プロテーゼが挿入されていると行わない施設が多い
効果の持続 半永久 生着した脂肪は半永久に残る 約3年
感触 自然 自然 自然
術後の痛み ++ (強い筋肉痛の様な痛み) + (軽度の痛み) ほとんどない
術後の通院 1~4回程度 1回 なし
大きさ 1~5cupのサイズup可 (取る脂肪によって、限界がある) 0.5~2cup 0.5~2cup程度
値段 ¥1,000,000 ¥300,000
(脂肪吸引を除く)
10cc ¥70,000
30cc×2で0.5cup程度アップ
安全性 高い 高い 高い
麻酔 全身麻酔と局所麻酔併用 全身麻酔or局所麻酔 クリーム+局所麻酔
施術時間 40~60分 1~2時間 約10分
術後の腫れ 1~2週間(個人差あり) 1~2週間(個人差あり) 極くわずか
1日でほとんど引きます。
入院の必要性 なし なし なし

症例写真
■シリコンバッグプロテーゼに豊胸手術で、Bカップ弱からEカップまで大きくなった20代女性の症例写真


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大