ボディの施術について

シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術の術後はどれくらいの痛みがどれだけ続くのか?

シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「豊胸手術した後はどのくらい痛いのですか?」「豊胸手術の術後の痛みはどれくらいの期間続くのですか?」とご質問いただきます。

高須クリニックのシリコンバッグプロテーゼ豊胸手術は、ほとんどの場合、全身麻酔で行います。全身麻酔であるため、手術中の意識はなく、痛みは全くありません。全身麻酔で行いますが、手術中の出血や組織の損傷を抑える目的で、チュームセント液という局所麻酔液を使用するため、手術が終わって麻酔が覚めたばかりのときは局所麻酔液が効いており、痛みはほとんどありません。

3~4時間くらい経過すると、局所麻酔が切れてきて、徐々に痛みが出てきます。
5~6時間くらい経過すると、局所麻酔はほぼ完全に切れ、痛みがピークになり、痛みのピークは翌日くらいまで続きます
。そのピーク時の痛みの強さは、言葉で例えるなら、「激しい筋肉痛のような痛み」です。「激しい筋肉痛のような痛み」というのは、普段運動をしていない人が激しい運動をしたとき、翌日から翌々日にかけて襲ってくるあの痛みが1.5~2倍くらい強くなった感じの痛みです。

因みに、乳腺下法と大胸筋下法を比較すると、乳腺下法より大胸筋下法のほうが筋肉の剥離操作がある分、5割増しくらい痛いことが多いです。また、乳腺下法でも大胸筋下法でも、入れるシリコンバッグプロテーゼが大きいほど、剥離操作が広くなるため、痛みも強くなることになります。
手術後の痛みは、2日後くらいから徐々に引いていきます。

1週間後の抜糸の頃には、痛みはピーク時の1/5~1/3くらいにはなり、1ヶ月後にはほとんど痛みはなくなります。
術後は、痛み止めの内服薬や座薬を処方させていただいてますが、これは頓服薬として処方させていただくものなので、痛みが強くなく、我慢できれば飲む必要はありませんが、実際には術後3~4日間は痛み止めを使用する患者様が多いです。
内服薬より座薬のほうが速効性があり、痛みを抑える効果が強いので、シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術の後は、座薬を好んで使われる方が多いです

症例写真
■豊胸手術と乳頭縮小手術を同時に行い、バランスのとれた自然な美乳を作った症例写真


(2ヶ月後)


(2ヶ月後)


(2ヶ月後)


(2ヶ月後)


(2ヶ月後)

■シリコンバッグプロテーゼに豊胸手術で、Bカップ弱からEカップまで大きくなった20代女性の症例写真


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大