ボディの施術について

バストへの脂肪注入豊胸手術を受けた後、いつからシャワーを浴びたり入浴したりできるのか?

バストへの脂肪注入豊胸手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「いつからシャワー浴びれますか?」「いつから入浴できますか?」などのご質問をいただきます。

バストの脂肪注入豊胸手術は、二の腕、お腹、ウエスト、背中、お尻、太もも、ふくらはぎなどの余分な皮下脂肪を脂肪吸引し、バストに脂肪注入をします。

脂肪吸引は、カニューレという3mm程度の細い管を挿入して皮下脂肪を吸引する手術であるため、吸引する部位の皮膚に何ヵ所か数mm程度の小さい切開をします。切開した傷口は、細い糸で縫合し、約1週間後に抜糸をします。

バストへの脂肪注入は、バストの下縁やバストの周りに2~3mm程度の小さな穴を開けて、細いカニューレを入れて注入したり、注射針を刺して注入します。カニューレを入れた小さな穴は、穴の大きさなどにより、細い糸で縫合したり、縫合しないでテープを貼るだけにします。細い糸で縫合した場合は約1週間後に抜糸をします。

シリコンバッグプロテーゼを抜いて、同時に脂肪注入豊胸をする場合は、プロテーゼを抜いたときのワキや乳房下溝の傷からカニューレを入れて脂肪注入することもあり、その傷は細い糸で縫合し、約1週間後に抜糸をします。

どこの傷跡も、手術した日を入れて3日間は濡らさないようにしていただきたいので、3日間は傷が濡れないようにシャワーを浴びていただくことができます。例えば、お腹の脂肪吸引をしてバストに脂肪注入した場合、下半身にシャワーを浴びせたり、軽く下半身浴したり、頭や顔を洗ったりすることは可能です。この場合、絶対に傷を濡らしてはいけないとか、傷を濡らすと取り返しがつかないことが起こるとかいうわけではなく、なるべく濡らさないようにしていただく程度で大丈夫です。

現実的には、傷に水道の水がちょっとかかったくらいでは何も問題はないので、もし傷が濡れてしまっても、綺麗なタオルやティッシュで拭いていただければ大丈夫です。また、特に3日間の間は、体が温まると血行が良くなり、腫れが出やすくなるので、体が温まり過ぎない程度にシャワー浴や部分浴をしていただくのが良いです。

手術3日後(手術当日は0日後、手術翌日が手術1日後、手術翌々日が手術2日後と数えます)からは傷はくっついているため、傷を濡らしても大丈夫です。頭から全身にシャワーを浴びていただいて大丈夫ですし、石鹸やボディーソープで体を軽く洗っていただいても大丈夫ですが、傷をタオルなどでゴシゴシ擦るのはおやめください。傷に石鹸やボディーソープがつくのは問題ありません。

また、全身を湯船に浸けて入浴するのは、念のため、まだ避けていただきます。手術して約1週間後に傷の抜糸をします。抜糸した後は、もう普通に入浴したり、普通に全身を石鹸やボディーソープで洗うことができます。

症例写真
■脂肪注入術(マルチプルインジェクション法) 左右200CCずつ



ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大