顔の施術について

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。
ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

埋没法+脂肪取りは意味がない!

二重まぶた手術希望の患者様のカウンセリングをしているときによく、「高須クリニックは埋没法+脂肪取りはやってないんですか?」と聞かれます。

私はいつも、「埋没法+脂肪取りは意味がないので当院ではやっていません」と答えます。

よその激安全国チェーン店系美容外科ではよくあるメニューらしいのですが、実のところこれはほとんど意味がありません

本当にまぶたの脂肪をしっかり確実に取るのであるならば、最低でも5~15mmはまぶたを切開しなければならないので、それだけ切開するのならば、ほとんどの症例は小切開法で確実な二重が作れてしまうため、埋没法をする意味がないのです。

そもそも埋没法というのは、切開法に比べて腫れが少なく、ダウンタイムが短いためする人が多いのに、5~15mmも切開をして脂肪を切除したら、結局、切開法と同じだけ腫れるのです。

高須クリニックには、他院で埋没法+脂肪取りの手術をして、その修正目的で来院される方が多いのですが、その多くの方が、「そこの医者やカウンセラーの人には、君は脂肪が多いから埋没法だけではなく脂肪取りもした方が良いと言われて手術して、予定してた金額よりも高いお金を払わされたのに、結局、腫れぼったさは取れてないし、埋没もすぐに戻った」と言います。

そして、その患者様のまぶたをみても、脂肪をとった痕はみられないのです。

これはおそらく、埋没法だけして、脂肪はほとんど取っていないのだと思います。

患者様に高い手術をさせれば、その分、医者やカウンセラーに歩合がつくため、脂肪取りも一緒に勧めるのでしょうが、高い金額を払わされたのに、いい結果がでてないので、患者様が可哀相です。

あと、埋没法で、高い料金を払うと手術に使う糸が代わったり、特殊なやり方をするなどと言ってトッピングを勧めてくるのも意味がないと思います。

高須クリニックでは、埋没法+脂肪取りというメニューはなく、埋没法が希望の方は高須式クイック法で埋没法を行い、まぶたが腫れぼったくて、脂肪除去希望の方にはミニ切開法あるいは全切開法を行い、脂肪を取ると同時に永久に戻らない二重をつくります

じっくりとカウンセリングをして、その人にあった一番いい方法を勧めるため、余分な料金をいただくことはありませんので、ご安心くださいね。

  埋没 ミニ切開 全切開
手術時間 10分 20分 30分
術後の腫れ 直後でも極くわずか
(個人差あり)
強い腫れは約1週間
(個人差あり)
強い腫れは約1~2週間
(個人差あり)
アイメイク 3日後より可能 約1週間後より可能 約1週間後より可能
手術の痛み 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか
二重の永久性 腫れぼったい目、目を開ける力が弱い人、アトピーや花粉症で目をよくこする人、幅広い二重をつくった場合はとれることがある。 永久に二重はとれない 永久に二重はとれない
腫れぼったい目の場合 腫れぼったさを取ることはできない。 脂肪を少しとってすっきりすることができる。 脂肪をたくさんとってすっきりすることができる。
幅の広い二重をつくる場合 取れない場合もあるが、時間と共にだんだん幅がせまくなったり、ラインが浅くなってきてとれる場合がある。 半永久に幅の広い二重を維持できる。 半永久に幅の広い二重を維持できる。
幅の狭い二重をつくった場合 半永久に二重がとれない場合が多いが、元の目が腫れぼったい場合は数年でとれることがある。 半永久に二重を維持できる。 半永久に二重を維持できる。
安全性 高い 非常に高い 非常に高い
料金 ¥90,000 ¥250,000 ¥250,000

症例写真

■二重まぶた・埋没法

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)


(3ヶ月後)

■二重まぶた・全切開法

(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大