顔の施術について

アイプチによるまぶたの皮膚の被れと二重まぶた手術について

最近、二重まぶたのカウンセリングをしていると、アイプチやアイテープやメザイクなどでまぶたが被れている患者様が多いです。まぶたが被れると皮膚がのびてシワが増えるし、酷くなると皮膚が硬くなったり厚くなったりするので、厚ぼったいまぶたになり、余計に二重になりにくくなってしまいます。体質的に被れやすい人と被れにくい人がいますが、被れにくい人でも少しは被れており、全く被れない人はいません。

一旦皮膚が被れて硬くなったり厚ぼったくなってしまうと、アイプチをするのをやめれば多少は傷んだ皮膚は回復しますが、完全に元通りにはならないことが多いです

要するにアイプチで被れて厚ぼったいまぶたになってしまうと、一生厚ぼったいまぶたのままになってしまい、それでもアイプチをやり続けると、どんどん厚ぼったいまぶたになってしまうため、理想の綺麗な二重からかけ離れてしまうのです。

私はいつもアイプチでまぶたが被れている人をみると、「これ以上アイプチをしてもどんどんまぶたが厚ぼったくなって可愛くなくなってしまう一方だから、今すぐアイプチをやめなければとんでもないことになりますよ」と忠告するのですが、それだけアイプチをやりこんでいる人はどれだけ忠告してもやめない人がほとんどです。アイプチでまぶたが被れている人は、いち早くアイプチをやめて二重まぶたの手術をすることをお勧めします。アイプチで被れやすい人は目を擦る癖のあることが多いので、埋没法だと擦ることによって元に戻りやすい傾向にあるため、できればミニ切開法や全切開法などの元に戻らない方法がお勧めです

埋没法でも幅の狭い二重なら比較的戻りにくいし、アイプチをしなくてよくなるため、アイプチをやり続けるよりはるかにマシです。アイプチで皮膚がのびてシワシワになっている場合、全切開法でのびた皮膚を切除することがあり、その場合、私に関しては全切開法の料金内でさせていただいてます。

また、アイプチ被れで毎日目を擦っていると、その物理的刺激により上眼瞼挙筋の挙筋腱膜が瞼板から外れて眼瞼下垂になってしまうことがあります。その場合、眼瞼下垂手術をすればまぶたの開きが良くなって目が大きくなり、同時に二重を作ることができます

症例写真
■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・全切開法


(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大